実際にパソコンの前で休むことなく動いている為替レートをご覧になっていると、トレードをしなければいけないという衝動が沸き起こる場合も少なくないと思います。だが、漠然とした衝動で取引するのだけは、決してしてはいけません。分かっていると思いますが、外国為替相場は昼夜を問わずいずれかで市場は動いているし為替レートもいかなる時でも動いています。しかし、エントリーをすると、その回数だけマイナスになる危険が高くなります。無論、注文の回数を重ねることによって、次第に勝ち負けの可能性が50%、50%になっていきます。しかしこの事実は「漠然とした直感で売り買い」とは別の話だ。取引回数を積むというのは、自ずから「ここだ!」と考え付いたチャンスを得た場合の売り買いの回数を積み重ねるという事を意味します。ただ何となく、次々とエントリーを積むのとは明確に違います。外国為替市場の勝負に臨むには、己で意識して緩急をつけることが大事だ。「ここは!」とよく考えた外国為替相場の時には、所持ポジションを多くして、意識して利益を求めます。「少し難しい為替相場で、どう動くのか考え付かないな」と思った時はいっそのこと所有ポジションをひとつ残さず見切りをつけて黙っています。そのくらいのメリハリをつける方が結果的に売買は勝てます。市場の格言には「休むも相場」というものがある。実に言葉どおりです。相場とは、いつも売買ポジションを保有する事がすべてではなくどれも所有せず静観していることも、FXです。では、どういった時に休みどきなのでしょうか。最初に考えられるのが、前述したように、直近の市場がはっきりと理解できない時です。ここから高くなるのか安くなるのか明確でない時は間違って判断すると、自分自身で作り上げた筋書きとは逆の方向に外国為替相場が推移してしまい損する事になってしまいます。だから、こういった場面ではポジションを諦め、そのまま様子をみるのが最良の方法です。もうひとつは、自身の体の具合がすぐれない時です。健康状態と相場に関係ないと考える方もいるでしょうが思ったよりつながりがあります。コンディションが思わしくなければ市場の大少なところで、正確な決断が出来ない場合が多くなります。気乗りがしない時は、トレードから離れる事も大事な事です。