残念な事に現在では非常にまれなケースを抜かして金券のお店に行ってもカードを利用する事ができる店などありません。そういう事でVISA、MasterCard、Diners clubなどの金券を利用した間接的カードの例はめったに全く役立てることは不可能なのです。それならなにを活用すれば直接でないクレジットが可能なのでしょう?と言われるとそのテクニックとは昨今、幅広く支持されている電子マネーといったPASMO、iD、QUICPay、またICOCA、WAON、nanacoなど。実際、このようなもの用いて間接的カードを始める事が可能になるのです。PASMO、Webmoney、だったりVISA Touch、nanacoなどはクレジットで買うことが可能な商品券…Edy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、だったりICOCA、WAON、nanacoなどに耳慣れない人々から見てみると漠然とハードな第一印象を想像するかもしれませんが、こういう電子マネーという物はいうなればいつも使っているのと同じ券になります。VISA、Diners clubなどの券となんら差異はないです。またそれらの電子マネーはクレジットカードを用いて易しく買い入れ出来る点が特色だったりします。その上そういう電子マネーは目下カラオケをはじめとしてレストランやいろいろなショップなどといったところでも利用出来得るようになっているようだ。「当店の物を購入するにはカードはご利用になる事はできません」といった感じで貼り紙されているような店舗でもPASMO、iD、であったりnanacoなどであるなら利用できる実例が多いのです(クレジットポイントがたくさんもらえる)。要するにカードが用いられない売店においても遠まわしにカードを実用する技で、クレジットポイント分だけゲットしていただこうというやり方です。普段通り高いショッピングをするに限られていると得られないクレジットポイントだから、是非、駆使してはいかがでしょうか。