介護というと障害者やお年寄りなどを浮かべ、もしかしたらするかもしれないとは思ってもされる側ということはあまり考えないかもしれません。 元気なうちは介護されるなんてことが想像できないし、私だってその一人です。 うちはおばあちゃんの介護に母親が奮闘しています。 介護って体力だけでなくて精神的にもつらいものだと感じます。 私は介護の仕事をしていたので分かるのですが自分ですべてするとなるとどんなに大切な人であっても想像以上の大変さです。 ですからそんな時はすべてを背負おうとせずにプロに任せることも介護者そして介護される側にとっても大切だと思っています。 超高齢化社会となった今、どちらかの立場になることは可能性として誰しもがあることで私も仕事でなくてもおばあちゃん、そして両親が老いてもしなくてはならないと思っています。 それに夫だっていずれはそうなるかもしれないと思い過ごしています。そしてまた自分もされる側になるかもしれないって思い過ごしています。