為替介入というものをご存知でしょうか?日銀が介入して新聞記事、雑誌、報道番組、インターネット等の情報で見かけたみなさんも多いと思います。アーセナル

元来為替介入というと我が国では、大臣(財務大臣)円の相場の沈着を保てるように行なう方策と使われています。美甘麗茶

わかりやすく言うと、極度の円高、円安になった際に財務大臣の言いつけにより中央銀行(日本銀行)円の売り買いをして為替相場の安定をさせる、といったことです。

為替の介入とは方法があります。

1.単独介入・・・行政機関もしくは日銀が、東京での市場において直接市場に参入してきて為替介入(外国為替平衡操作)をする。

2.協調介入・・・多くの銀行などが協議のうえで、各々の通貨当局の資金を活用して同じタイミングないし小出しに為替介入(外国為替平衡操作)を実施していく。

3.委託介入・・・他の国の銀行などへ向けて為替介入(外国為替平衡操作)を託す。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が外国の通貨当局と代わって外国為替市場介入(為替介入)を遂行する。

このようにやり方です。

どの方法の外国為替市場介入(為替介入)も一時、あるいは継続的に為替レートに多大な影響を与えることになります。

外国為替市場介入(為替介入)の資金はさすが面子をかけているのですからスケールが大きいです。

円ベースで例えると、いつもは少しだけ変動する為替相場が突発的にかなり動きをするのです。

個人投資家の方であればこれまでに体験したと思いますが、それまで順当に含み資産(または含み損)が多くなっているポジションを持続していたにもかかわらず、持続しているポジションが決済しましたとの連絡がFX業者の発信でメールが・・・いくら得になったのかな(損失が出たのかな)?と気にしながら決済の情報を確認すると自分の中で見込んでいたものとは逆の状況になってしまいびっくりしてしまうという話があります。

為替介入(外国為替市場介入)が実施された時によくあることです。

このように為替の介入が行なわれることで市場の動きと逆の変動をするのです。

さらに変動する金額の大きさは相当大幅に動きますので気をつける必要があります。