想像できずにいきなり遭遇するのが自動車事故です。ホワイトヴェール

この状況でどのように対処した結果がポイントとなり、自動車の保険金の受け取り額も大きく変わってくることも予想できますので間違えない考えと対応が求められます。1歳 ケーキ オーダー

予測できない出来事に出会って混乱してしまったならば重大な場面を忘れてしまい後々自身がとても大きな損を負わされるケースも予測できるので自動車事故に遭遇してしまった場合は正確に次の処理をします。

自動車の事故をした場面で一番にする事は重軽傷者の状況を確認する必要があります。

自動車の事故のすぐ後は頭の中が真白になってショック状態になってしまう場面がありすぐに動けないのが当然です。

だから、負傷した人がいたら危なくない地点へ運んでからできる限りの処置を施し、周りに助けを呼ぶ等要救助者最優先に努める必要があります。

119番に連絡する場合は正確な場所を知らせて、分からない場面では周囲のよく知られているお店や町名を知らせ事故が起こった住所を特定できるようにします。

その後で警察署へ通報して車の事故があった事また現状を話します。

救急車と警察を待っている内に事故相手の情報を調べます。

姓名、住所、車のプレート事故の相手側の自動車保険会社名等相手だけでなく自分のことを伝えます。

この時に事故の相手方にミスがあった状態では、その場所で結論を出そうとすることがありますがその場所でうやむやにするのではなく、どんな状況であっても110番や自動車保険会社に届け出て、平等に調べてもらうようにしましょう。

お互いの内容を教えあったら交通のじゃまにならないために邪魔な物を道の上から取り除きます。

もしも妨げになった物が通りかかった人の車の邪魔となっている時には互いの情報交換をする前にそれを行ってしまっても問題はないです。

そして自らのお金を払っている自動車保険の会社に連絡を入れて、車の事故があった事を報告します。

事故から一定の期間の間に自動車保険会社に電話しておかないと交通事故の保険の適用除外にされる場合もあるので可能な限り時をおかずに電話をすることが大事です。

可能ならば事故の現場の様子として、タブレットなどを用いて状況やマイカーの破損箇所の写真を残しておきます。

その証拠写真は過失の割合決定する際にとても大きな証拠となるので自身の車や先方の愛車の破損箇所を正しく写真に残しておきましょう。

この場面で目撃者がいれば警察の人や保険屋さん到着するまで事故の現場にそのままいてもらうよう呼びかけることも必要不可欠です。